会社概要

社名 一般社団法人 ワールドリズムダンス技能協会
設立 2012年
所在地 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5階
電話 03-6869-1437
FAX 03-6745-1747
代表理事 久保田 貢子
事業内容 教育・文化・健康の各分野において、ダンスを通じて人々に心身の鍛錬や豊かな心の醸成の機会を提供すること及びダンス業界における雇用拡大に貢献することを目的とし、その目的に資するための事業を行う。

代表挨拶

私ども一般社団法人ワールドリズムダンス技能協会は、今年1月に設立いたしました。

昨年の震災後、被災地でダンスを通した活動をさせていただく中で、世代を越え、ダンスの心や身体に与えるプラスの力を改めて感じました。私たちにダンスを通して何ができるのか?を考えた時に、私たちも心のケアなどを学び、ダンスを伝えるものとして変わっていかなければ、提供できるものも変わらないという結論にいたりました。

又被災地や離れた地域でも、社会全体がそうでしたが、個人で活動するダンサーやダンスを職業とする方は仕事が減りましたが、その間の補償や助け合う組織がないことにも気が付きました。

学校教育の中に、現代的なリズムのダンスが必修となります。生徒のみなさんへのアンケートで60%以上がヒップホップなどの現代的リズムのダンスと答えたことから導入が決まったとお聞きしています。

習い事としてもこれだけダンスが子供達の間に広まり、学校教育にも取り入れられるほど浸透し、ブームとして終わらせないためにも、その先のダンスを職業としてもっと色々な形を考えることも次の世代のために必要だと考えます。

ダンスが義務教育の中で必修になる事は、色々な家庭環境、境遇の子供達にも等しくダンスに触れる機会が与えられるということです。ダンスが生きる力になるかもしれません。

又地域社会との関わりのなかでも、ダンスを通し、子供達と一緒にご高齢の方が体を動かすなど、地域の方々とのコミニュケーションとしても役立つかもしれません。

ダンスを一生懸命練習している全ての子供達や若い方々が、エンタティメントとして夢をかなえられるわけではありません。

もっとダンスを通して夢を叶えられるように、職業としてどう形にしたらよいのか?職業とどう結びつけていけばよいのか?を考える中、財団法人職業技能振興会の存在を知りご相談させていただきました。

ダンスを通して心のケアなども学び、新しい指導者としての形を目指すこと。ジャンルを超えダンスに関わる方が気軽に相談できる場所、会員同士で支え合える協会が必要と考えました。

この検定が職業としてのダンスへの一歩を踏み出す、さらに前へ進もうとする方への、一つの自信となっていただければと願っています。

また一緒に職業としてのダンスの形を考えてくださる方に受験いただきたいと思います。

私共は、真に発信しているこれらの信念をもち、変わらず活動してまいります。

一般社団法人ワールドリズムダンス技能協会
代表理事 久保田 貢子

スタッフ紹介

KYOKO (木村 今日子)

ディレクター/財団法人職業技能振興会 認定講師
国内・外でダンスを学び、ダンサーとしてだけでなく、ダンスの専門学校での講師の経験もあり、指導者としても音楽にこだわった指導方法は定評がある。

健康運動実践指導者・フィットネスインストラクターの経験もあり、その経験を活かした、アクティブな状態での脱力・体感連動の法則を基に、フィットネスとダンスの違いを分かりやすく解説する指導を受けに遠方よりレッスンに通うインストラクターも多い。

NIKKO (新田 康史郎)

ディレクター/財団法人職業技能振興会 認定講師
黒人の独特のリズム感に興味を持ち2年間アメリカへダンス修行へ出る。

・2005年 全米ダンスコンぺティションLADF第3位。帰国後は歌や芝居など様々な表現を経験。
・2007年 ミュージカルの全国公演に参加。
・2012年JCDNダンス作品クリエイション&全国巡回プロジェクト「踊りにいくぜ!!」Ⅱvoll.2に出演。

保育園勤務経験もあり、子供とダンスの関係に興味がある。
ダンスの身体的な創造性を教える事で子供達の自由な表現力を育てたいと考えている。

AISA (佐々木 藍紗)

ディレクター/財団法人職業技能振興会 認定講師
札幌高専工芸デザイン課程を修了。

幼少より、新体操、ピアノに触れ身体表現の楽しさを知る。
15歳より劇団I’mに入団し、ミュージカル役者として活動。
その後ロサンゼルスへダンス留学し、主にヒップホップやジャズダンスを学ぶ。
現在は東京を中心に、ダンススタジオ、スポーツクラブ、中学校などでアクティブな状態での脱力・体幹の連動の法則を基に、子どもからプロまで幅広く指導している。

オリジナルメソッド「呼吸法」「絵画・工作」を取り入れたダンスワークショップを、大阪・千葉などで行っている。また、舞台衣装やダンスグッズのデザインや縫製も手がけるデザイナーとしても活動中!

●高等専門学校インダストリアルデザイン学科工芸コース卒業
●劇団I’m「飛天」「月の船」「卑弥呼」「Style I’m」などに出演
●2004年全米ダンスコンテスト最優秀賞受賞
●2012年JCDNダンス作品クリエイション&全国巡回プロジェクト「踊りにいくぜ!!」Ⅱvoll.2にて札幌・福岡にて公演

Miki (河村 美希)

ディレクター/財団法人職業技能振興会 認定講師
中学生の頃からダンスを始める。高校卒業後、アメリカロサンゼルスにダンス留学し、国内外で様々なダンスを学ぶ。

帰国後ダンサー・コレオグラファー・ダンスインストラクターとして活動を開始。アクティブな状態での脱力・体幹の連動の法則を基に、子どもからプロまで幅広く指導している。

その他TV、ライブ、イベント、舞台を問わず活動中

●全米ダンスコンテスト優勝経験有
●ダンサーブランドPRダンサー
●アーティストライブダンサー

メディア掲載

  • 【2013/4月号 月刊 japan Fitness 全国各地のEVENT REPORTに掲載】
    第2回子供ダンス検定の記事を掲載いただきました。
  • 【2013/3/27 宮城県庁 記者会 】
    『4/28仙台開催 第4回 FUNK編 ヒップホップダンス基本技能指導士』メディアリリース
  • 【2013/3/1 日本経済新聞 30面掲載】 中学校でダンス必修化「苦手な先生 指導は外注」
  • 【2013/3月号 ケイコとマナブ P98 掲載】
    『FUNK編ヒップホップダンス基本技能指導士検定』が掲載されました
  • 【2013/2月号 BIG tomorrow P50掲載】
    『これから来る超先取り資格ベスト3』に選ばれました
  • 【2012/12月号 monthly free magazine poco’ce(ポコチェ)】で紹介されました。
  • 【2012/11/6 報道機関リリース】ヒップホップダンス基本技能指導士検定 実施
  • 【2012/10/27 宮崎日日新聞 25面掲載】 国際ダンスフォーラム in 宮崎
  • 【2012/10/10 大學新聞 11面】ヒップホップダンス基本技能指導士検定 実施
  • 【2012/09/01 日経新聞プラス1 2面】WRDA代表取材内容
  • 【2012/4/18 「読売テレビ ミヤネ屋」放映】基本技能士検定5月開催 記者発表!!